皇后杯第33回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会が、平成27年1月11日、西京極陸上競技場を発着で行われ、熊本は第8位に入り、4年ぶり18度目の入賞を果たしました。1区で8位と好スタートを切りタスキを2区へ。以降9位、7位、11位、10位と若干順位が変動して最終区へ。アンカーの前田選手が区間賞の走りを見せ、2人をかわして8位でゴールしました。
競技場や沿道では、熊本出身の地元京都や関西在住者をはじめ熊本からも応援に駆け付けた関係者が、熊本チームへ大きな声援を送り、テレビ中継とは一味違う、筋書きのないドラマの醍醐味を味わっていました。選手やスタッフ、チーム関係者の皆さん、感動をありがとう!
また、競技場内に設けられた「ふるさと屋台村」では、京都熊本県人会が”熊本ラーメン”を出店し、行列ができほどの盛況ぶりで、大会を盛り上げました。